Page: 2/6  << >>
ヤギジャンプ - Goat Jumper


ダウンロードして10秒遊ぶだけで『ドランシア』で使われている素材の一部が体験できる!それがこの『ヤギジャンプ』です!



タイトル画面のボタンが『ドランシア』と同じです!
今すぐ『ドランシア』のボタンのタップ感を体験しましょう!

シェアボタンの仕様が『ドランシア』と同じです!
これは『ドランシア』のシェア方法を体験するチャンスです!

SHOPでの購入音が『ドランシア』と同じです!
『ドランシア』で使われている効果音を体感してください!

コインのアニメーションは『ドランシア』で使われているものと同じです!
今すぐこのアニメーションをあなたの目で確かめて下さい!

BGMのON/OFFなどの設定画面が刷新されました!
『ドランシア』で採用されている設定画面のUIを思う存分楽しんで下さい!




iOSとAndroidで遊べます。



ヤギジャンプ(Goat Jumper)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.7.31配信



※激ムズです。
| ユウラボ | 15:09 | trackbacks(0) |
脱出ゲーム ピクセルルーム2 - Pixel Rooms 2 - room escape game -


ピクセルルームの続編です。
今回もスマホを傾けたり振ったり2本指でゴニョゴニョしたりと、スマホならではの仕掛けや謎解きがいろいろ入っています。



当初は『ミツケテルーム』という別の企画だったのですが、前作『ピクセルルーム』の評判がわりと良かったのと、今年はドット絵のゲームで勝負するという方向性だったのと、ついでに前作の素材を使い回せば早く完成するかもという打算があったのとで、『ミツケテルーム』は没にして『ピクセルルーム2』を作ることにしました。

まあ、結局開発に3ヶ月もかかってしまい、全然早く完成しなかったのですが・・・。

▼作りかけていた『ミツケテルーム』の素材。


ネタは『ミツケテルーム』用に考えていた物がそのまま使える部分もあったので、2時間ぐらいで全25ステージ分がほぼ完成。それをもとにPhotoshopでグラフィックを描きながら仕掛けをテキストにまとめる作業が2〜3日程度。後は実装してもらいながら実際に動いているのを見て修正や変更を延々としていった感じです。

スマホの小さい画面の場合、押してるつもりなのに実際は指の接地点がずれてて反応しないということがけっこうあるので、それを緩和するために『ピクセルルーム2』では当たり判定が見た目とけっこう違うようになっています。なのでiPadなどの画面の大きいタブレットで遊ぶと、意外なところをタップしても反応するかもしれません。というか反応します。

▼某Roomの場合、本来の当たり判定は赤い部分だけでいいのですが・・・


▼スマホの画面で押しやすいように、実際はこんな変則的な当たり判定に


個人的にRoom4とRoom9が気に入ってます。


iOSとAndroidで遊べます。



ピクセルルーム2(Pixel Rooms 2)
ピクセルルームシリーズ(Pixel Rooms Series)
攻略ヒント集(作者本人によるネタバレなしのヒント)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.5.2配信
| ユウラボ | 13:08 | trackbacks(0) |
アヌビスラン - Anubis Runner


エジプトの神がひたすら走る!カセットゲーム第9弾!



ド直球な横スクロールのラン系ゲームを作ってみようと思って作ったのが
この『アヌビスラン』です。
なので、特に何のひねりも無いのですが、
がんばって日本人が思うエジプトっぽさを出してみました。

▼ドットパターン


実はアヌビスくんのベースは『ハードル地獄』のランナーだったりします。

▼『ハードル地獄』のランナー


今回でカセットゲームシリーズは一段落です。
ネタはまだまだあるのですが、
昔の投稿プログラム的なボリュームのミニゲームを作りたいという気持ちが
だいぶ満たされたので、次のステップに進もうと思います。

iOSとAndroidで遊べます。



アヌビスラン(Anubis Runner)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.4.11配信
| ユウラボ | 17:15 | trackbacks(0) |
忍者シノビン - Ninja Shinobin


忍者の限界に挑戦!カセットゲーム第8弾!



丸太から丸太へ飛び移り、どんどん滝を登って行くゲームです。
ゲームがシンプルなので、おじゃまキャラで勝負!
というわけで、鳥だの雨だのおまけにカットインで入るキャラ同士の会話だの、
使える物は全ておじゃまキャラ扱いにしてみました。
えーと、会話を見ていたら即死亡という尖った(?)仕様です。

スピード的には150点でMAXになるため、
以降は動体視力が許す限り永遠に遊び続けられるはずだったのですが、
なんかけっこう難しかったみたいでして…。
300点ぐらいで一通りの会話などは見れるようになっていますので、
なんとか頑張っていただければ幸いです。

▼ドットパターン


画面が派手な割には意外に少なめです。
でもって、このシノビンは10年前に作ったキャラクターだったりします。

▼2004年のシノビン


横スクロールのジャンプアクションですね。
正直、今作のシノビンより激ムズです。
その後、横スクロールタイプで何回かリニューアル。

▼2007年 & 2010年版のシノビン


昔作ったガラケーのゲームはここで全部遊べます。
ガラケーを持っている人は要チェック!

あ、今作『忍者シノビン』はiOSとAndroidで遊べます。



忍者シノビン(Ninja Shinobin)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.3.20配信
| ユウラボ | 11:46 | trackbacks(0) |
ゾンビでピンチ! - Zombie Squeeze


押し寄せる大量のゾンビ!カセットゲーム第7弾!

というわけで、カセットゲームシリーズも7本目になりました。
去年は1年で10本しかアプリをリリースできなかったのですが、
今年は2ヶ月で7本もリリースです。
やればできるもんです。



『ゾンビでピンチ! 』は下方向に進んで行くラン系ゲームです。
といっても、ガンガン進んで行くのではなく、
ゾンビから逃げたいけど障害物に引っかかってしまい、
だんだん追いつかれる…という、
逃げたいのに逃げれない部分をコアにした物となっています。
コインを10個連続で取るとダッシュができるのですが、
それも申し訳程度にとどめてあります。

ヘタにコインを取りに行くよりも、障害物を確実に避けていったほうが
良いスコアが出せる感じです。
そんなギリギリのシチュエーションを楽しんでいただければと。

でもって実は最初、主人公もゾンビもいつものドット人間でした。

▼初期のドットパターン


ただ、7本目ともなるとドット人間とは違う物を作ってみたい
という気持ちが出てきたりして、
どうしようかなーと思っていたところに、
2012年にFlashで作ったこのゲームの元になったゲームのグラフィックを発見。

▼2012年に作ったラン系ゲームの試作品


色を変えてちょっと修正し、今回の主人公になりました。
そしてゾンビは2011年に別の企画のために描いたドット絵を
これまた発見して修正して使用。

▼2011年に描いたゾンビ


▼そして完成!


過去の自分、グッジョブ!

iOSとAndroidで遊べます。



ゾンビでピンチ!(Zombie Squeeze)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.3.3配信
| ユウラボ | 15:52 | trackbacks(0) |
車vs人類 - Man Versus Car


車を避けて走り続けろ!カセットゲーム第6弾!



レースゲームと言っても主人公は車ではなくドット人間で、
基本、車にどんどん抜かれて行く感じになっています。

スマホだと自分の指で後方から来る車が隠れてしまいますが、
これはわざとで、プレイヤーの指も
オジャマキャラとして活用してやろうという魂胆だったりします。

確実にブーストパネルに乗り、
無敵時間にいかに障害物をたくさん壊せるかがハイスコアのカギです。

▼ドットパターン


上のドットパターンには岩が2つありますが、
使用しているのは右側のやつだけです。
実は開発中に車線境界線の真上を走っていると
車や障害物に当たらないというメトロクロスばりの裏技が発覚したので、
岩を横に伸ばしたり蛇行する車を追加したりしました。
左の岩はその時の名残です。

また、グラフィックは2007年に作った『ギリギリサーキット』がベース。
2006年に作った『カーレース』にも今作の片鱗が見えるので、
どうやら自分は8年前から同じようなことをしていたみたいです。

▼『ギリギリサーキット』と『カーレース』


あと、新規で描き起こしたつもりのコーンのドット絵が、
7年前に描いたコーンとほとんど同じだったのにも驚愕しました。

▼『マシンガンハート(2007)』のコーンと『車vs人類』のコーン


何だか昔作ったゲームがことごとく面白そうに見えるのですが、
実際に遊ぶと今作ってるゲームの方がはるかに面白いので、
見た目はともかく中身は少しずつ進歩しているんじゃないかと思われます。

iOSとAndroidで遊べます。



車vs人類(Man Versus Car)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.2.27配信
| ユウラボ | 13:34 | trackbacks(0) |
ヘディング兄弟 - Header Twins


ボールを落とすな!カセットゲーム第5弾!



今回は1つの動作で二人を同時に操作するタイプのゲームです。
初見では難しいですが、慣れればなんとか。

ボールはドット人間の中心で弾くほど真上に上がります。
また、上段がこぼしたボールは下段でもフォローできるので、
わざと下段で2つのボールを処理するのも有効な方法かと。

そして、鉄骨の上でヘディングというまたもや謎シチュエーションですが、
高い所というのは『人が想像できるちょっと現実離れした所』という、
ゲームにはもってこいの舞台なので昔からよく使っています。

▼ドットパターン


あと、鉄骨は個人的に好きなオブジェクトなので、
ガラケー時代からちょいちょい登場。

▼『スケボーパラダイス(2007-2009)』と『ペタンコガール(2009)』


困った時は鉄骨です。

iOSとAndroidで遊べます。



ヘディング兄弟(Header Twins)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.2.20配信
| ユウラボ | 08:54 | trackbacks(0) |
防衛!メテオシティ - Defend Meteor City!


巨大隕石から街を守れ!レトロでビットなミニゲームの第四弾!



UFOに次いで隕石が好きな世代なので、隕石ゲームははずせません。
棒人間を左右に動かして、どんどん降ってくる隕石をはじき返していくのですが、
全ての隕石を完璧に防ぐのは不可能なので、端っこの街を1マスだけ残して、
そこを死守するのがハイスコアを出すポイントになります。

ただ、そのことが原因で簡単すぎてゲームオーバーにならないという
事案が発生してしまい、解決策として以下の3点を入れました。

1.最初から左右の街を燃やしておく。
2.隕石が落ちたときの火花を増やす。
3.「METEOR」の文字を集めたい心理を利用して無駄な動きをさせる。

特に3番目は最後の最後に入れたので、文字を集めることに関しては
ゲーム内のどこにも記載されていません。

▼ドットパターン


今回ビジュアルのベースにしたのは2007年に作った
『カラディオン』というガラケーのゲームです。
ライフ=街 という部分が直感的に分かりやすく気に入っていたので、
その部分を持ってきました。



あと、隕石も2007年の『スペースブラスター』から…というか、
最初に描いたのは2004年だったと思います。
10年前のリソースを使い回してますね。
でもって、10年経ってもミニゲームを作ってますね。



iOSとAndroidで遊べます。



防衛!メテオシティ(Defend Meteor City!)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.2.19配信
| ユウラボ | 13:28 | trackbacks(0) |
カベ打ち魔神 - Racquetball Revenge


ひたすらボールを打ち返せ!レトロでビットなミニゲームの第三弾!



最初はただ壁に向かってボールを打ち返すだけのゲームだったのですが、
せっかくデジタルなのでボールの軌道をいろいろ変えてみようとか、
壁に顔を付けてみようとかしていたらこんなゲームになりました。

▼プレイヤーのドットパターン


また当初、魔神は1種類だけだったのですが、完成直前に3体追加して今の形に。

▼魔神のドットパターン


カセットゲームシリーズ3本目にして
リソースが増えてしまったので次回はちょっと抑えます。

でもって今回の使い回しは『ピクセルルーム』の「飛び散る石」です。



この手のゲームはガラケーFlashだと作りにくかったので、
ありがとうスマートフォンって感じです。

iOSとAndroidで遊べます。



カベ打ち魔神(Racquetball Revenge)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.1.28配信
| ユウラボ | 16:47 | trackbacks(0) |
ユー・エフ・モォォ! - U.F.Moo!


UFOを狙って牛を飛ばせ!レトロでビットなミニゲーム第二弾!
2014年は売れても売れなくてもこの路線でいきます!



『牛の出るゲームは良いゲーム』ということで、
牛とUFOは自分世代のゲーマーにはおなじみのオブジェクトです。
『U.F.Moo!』はフリックで牛を飛ばすだけの単純なゲームながら、
開発中に技術的な発見や小技をいろいろ見つける事ができました。

でもって、牛のグラフィックは2010年に作ったガラケーアプリ
『キャトる!』のグラフィックを修正して使っています。
さすがにマトとなるUFOは大きすぎたので小さくしました。

▼『キャトる!』のゲーム画面


▼『U.F.Moo!』のドットパターン


正式タイトルは日英ともに『U.F.Moo!』で。
でも、便宜上たまに『ユー・エフ・モォォ!』って表記してます。

iOSとAndroidで遊べます。



U.F.Moo!(U.F.Moo!)



カセットゲーム特設サイト(Cassette Games Series)

ディレクション/ゲームデザイン/グラフィック/サウンド:スキップモア
プログラミング:株式会社うららワークス
翻訳:NEP
2014.1.23配信
| ユウラボ | 19:07 | trackbacks(0) |

魔物スレイヤー攻略ヒント
フェアルーン攻略ヒント
アラスジクエスト攻略ヒント

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Category

プロフィール

ブログ内検索


ライブドアクリップに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加

Link

Game Developer

Recommend

Recommend

Recommend

MSX MAGAZINE永久保存版3
MSX MAGAZINE永久保存版3 (JUGEMレビュー »)

MuSICAのためだけに買いました。

Recommend

蘇るPC-8801伝説 永久保存版
蘇るPC-8801伝説 永久保存版 (JUGEMレビュー »)

ハイドライド3が遊びたくて買いました。

Recommend

Recommend

Knights in the Nightmare Perfect Audio Collection
Knights in the Nightmare Perfect Audio Collection (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
相変わらずバトルの曲がかっこいい!

Recommend

大神 オリジナル・サウンドトラック
大神 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
上田雅美&山口裕史による楽曲。

Recommend

Feed

blogパーツとか


スカウター : ユウラボ | blog Flashゲーム

フィードメーター - ユウラボ | blog Flashゲーム
あわせて読みたい
人気ブログランキング
携帯サービスランキング
くつろぐランキング
ブログの殿堂
ブログキング