Entry: main  << >>
フェアルーン2の作り方 #7



〓〓〓 マップチップのヒミツ

マップチップというのはマップを構成する最小単位で、『フェアルーン2』では16x16ドットで描かれています。




〓〓〓 オブジェクトは黒でフチ取る

3DSの残像対策で黒フチが使えなかったため『2』ではオブジェクトの色を濃くした物を使っていますが、便宜上ここでは「黒フチ=濃い色」と思って読んで下さい。

『2』では下図のようにほとんどのオブジェクトに黒フチが付いています。これは「当たり判定がある」というのを視覚的に分かるようにするためで、通り抜けられないオブジェクトは全て地面から生えている感じ(地面に接している辺は黒フチを付けない)で黒フチが付いています。



逆に「通り抜けられる木」は地面に接していないので下図のように地面から切り離し、浮いてる感じになっています。



しかし、上記のルールで黒フチを付けていると作りにくいオブジェクトがあります。下の図1のように横長のオブジェクトがあるのですが、これの縦バージョンは図2のようになり、柱と同じ背面を通り抜けられるような輪郭になってしまいます。そんな訳でこの縦バージョンのオブジェクトはボツになりました。





〓〓〓 できるだけ描きこまない

『フェアルーン』のマップチップはディテールを描き込まないようにしています。これは僕の好みというのもあるのですが、作業工数を減らすという意味も多分に有ります。

では、緑1色だけの草原のマップチップにディティールを描き込まず、どうやって「これは草原です」という情報を与えるかというと、下図のように緑1色の平面にパラパラと草や花のマップチップを置いてあげます。



すると、この緑1色のマップチップは「見た目は緑1色だけど芝生みたいな物」という情報を持ったマップチップになります。

水も同じで、青1色のマップチップにキラキラ光るマップチップを2つ混ぜるだけで「これは水です」という情報を持ったマップチップになります。



そんな感じで『フェアルーン』のマップチップは、作業工数を減らしつつプレイヤーの想像で情報を補ってもらうような作りになっています。



マップ&マップチップに関してはまだいろいろあるので、次回もマップの話になります。



(続く)



ニンテンドー3DSダウンロード専用ソフト
『フェアルーン2』発売中!

| ユウラボ | 16:58 | trackbacks(0) |
Trackback

魔物スレイヤー攻略ヒント
フェアルーン攻略ヒント
アラスジクエスト攻略ヒント

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Category

プロフィール

ブログ内検索


ライブドアクリップに追加 Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加

Link

Game Developer

Recommend

Recommend

Recommend

MSX MAGAZINE永久保存版3
MSX MAGAZINE永久保存版3 (JUGEMレビュー »)

MuSICAのためだけに買いました。

Recommend

蘇るPC-8801伝説 永久保存版
蘇るPC-8801伝説 永久保存版 (JUGEMレビュー »)

ハイドライド3が遊びたくて買いました。

Recommend

Recommend

Knights in the Nightmare Perfect Audio Collection
Knights in the Nightmare Perfect Audio Collection (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
相変わらずバトルの曲がかっこいい!

Recommend

大神 オリジナル・サウンドトラック
大神 オリジナル・サウンドトラック (JUGEMレビュー »)
ゲーム・ミュージック
上田雅美&山口裕史による楽曲。

Recommend

Feed

blogパーツとか


スカウター : ユウラボ | blog Flashゲーム

フィードメーター - ユウラボ | blog Flashゲーム
あわせて読みたい
人気ブログランキング
携帯サービスランキング
くつろぐランキング
ブログの殿堂
ブログキング